テレワーカーの労務管理と情報漏えい対策にテレワークサポーター/キヤノンITソリューションズ株式会社 - 働き方改革と解決策をつなぐ【ITトレンドスタイル】

テレワーカーの労務管理と情報漏えい対策に テレワークサポーター

働き方改革の実現に向けて、テレワーク制度を導入する企業が増えています。 テレワークサポーターとは、顔認証技術により、企業とテレワーカーを支援するクラウドサービスです。
キヤノンITソリューションズ株式会社
働き方改革の実現に向けて、テレワーク制度を導入する企業が増えています。
テレワークサポーターとは、顔認証技術により、企業とテレワーカーを支援するクラウドサービスです。

クラウド型テレワーク支援サービス テレワークサポーター

テレワークサポーターで実現できること

当サービスはテレワーカーのパソコンにモジュールを常駐させ、パソコンに接続されたウェブカメラの画像から常時顔認証を行い、認証結果と勤務時間を関連付けることでテレワーク特有の下記課題を解決します。

・労働時間の管理
今までの労働時間管理は自己申請でメールか電話によるもので、実態の把握が困難でした。当サービスでは常時顔認証することで自動的に在席や離席を判断し記録します。これにより1日の在席時間や離席時間を可視化して、時間外にパソコンを利用しているサービス残業の把握も可能となります。

・業務内容の把握
在宅勤務などの働き方には、勤務開始・終了の連絡以外にも1日の仕事内容の報告を義務付けられている企業も多いと思います。当サービスではテレワーカーが仕事内容を一覧から選択する簡単な操作を行うことで、仕事内容別の時間が自動集計されます。このデータを活用すれば報告は簡単になります。また現在実施中の仕事内容はサイト上にリアルタイムに反映(共有)されます。

・勤務状況の確認
当サービスでは顔認証により取得した在席や離席の状態(プレゼンス)を、サイト上でリアルタイムに確認することができます。また、定期的にパソコンのスクリーンショットを取得することが可能なのでで、見えにくかった仕事の進捗状況を簡単に行うことができます。

・情報漏えい対策
当サービスは、テレワーカーや管理者に代わって第三者の悪意ある行為を検知することができます。
顔認証技術を活用することで第三者の覗き込みやなりすましを検知して、その瞬間のウェブカメラ画像とパソコンのスクリーンショットを取得します。同時に、パソコン画面を自動でブラックアウトする機能も備え、情報流出を最小限におさえることができます。仮に情報流出した場合でも、保存した情報をもとに第三者の特定やその後の対処に役立てることが可能です。

テレワークサポーター

テレワークサポーターの仕組み

「テレワークサポーター」を利用するには、テレワーカーはパソコンとWEBカメラを用意し、専用アプリケーション(エージェント)をインストールします。
勤務管理者はブラウザからテレワークサポーターにアクセスし、テレワーカーの勤務状況や集計データを確認することができます。

テレワークサポーター導入後の効果

○会社
・個人情報や機密性の高い情報を扱う業務の為、在宅勤務制度の導入に踏み切れなかったが、在宅でも勤務が可視化されるため、在宅勤務制度の推進につながった。
・勤務時間が自動で記録されるため、サービス残業の削減効果に期待している。
・タスク集計で「誰が、何を、どのくらいの時間で」実施したのかを分析し、業務配分のPDCAを実践できた。

○テレワーカー
・Excelで業務時間や内容を報告していたが、ボタンひとつで処理が行えるため、報告業務の簡素化につ
ながった。
・きちんと仕事していることを会社に伝えられる為、詳細な報告が不要になった。

テレワークサポーターの3つの特徴

1

カメラ映像から勤務状況を自動検出

顔認証技術により、本人の在席・離席を判別し、勤務状況に反映します。

ポイント1
2

インシデントの検出と記録

本人以外の「なりすまし」や「覗き込み」を自動的に検出し、画面をブラックアウトさせて情報流出を最小限に抑えます。 同時に不正利用者のカメラ画像とスクリーンショットを記録し、管理者と本人から確認できます。

ポイント2
3

タスク登録と集計

テレワーカーが仕事内容を一覧から選択することで、仕事内容別の時間が自動集計されます。 報告が簡単に行えるほか、タスク時間を分析することで業務改善につなげることができます。

ポイント3

テレワークサポーターの主な機能

機能1
勤務状況の見える化
本人在席/本人離席/勤務状況の共有/タスク登録
機能2
情報漏洩対策
のぞき込み検知/なりすまし検知/画面ロック/インシデント記録
機能3
勤務計画と実績の集計
勤務予定登録/実績集計/タスク集計/データ出力

テレワークサポーター詳細

対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 クラウド
参考価格 120,000円 ~
参考価格補足 初期費用(1システム当たり):20,000円(税別) 5ユーザー年間ライセンス使用料 120,000円(税別)
※最小5ライセンスからの販売となります。
※参考価格は税別となります。
1か月間の無料トライアルが可能です。

関東近県以外のお問い合せにはWeb会議システムを利用し、遠隔でご提案いたします。

play_arrow労務管理システムの製品一覧

0件リストに入っています