勤務の見える化を実現テレワークサポーター/キヤノンITソリューションズ株式会社 - 働き方改革と解決策をつなぐ【ITトレンドスタイル】

勤務の見える化を実現 テレワークサポーター

テレワーカーの勤務を見える化し、顔認証で”覗き込み”や”なりすまし”を防ぎます。
キヤノンITソリューションズ株式会社
テレワーカーの勤務を見える化し、顔認証で”覗き込み”や”なりすまし”を防ぎます。

テレワークの課題を解決!

「テレワークサポーター」の概要

「テレワークサポーター」は、勤務者のパソコンに常駐プログラムをインストールし、パソコンのWebカメラから本人認証を実施し、在席・離席を判断して勤務ログを記録します。

また、顔認証技術によってテレワーカー以外の第三者の覗き込みやなりすましを検知し、その瞬間のウェブカメラの画像とパソコンのスクリーンショットをクラウドサーバー上に保存します。

テレワークサポーター

「テレワークサポーター」のメリット

働き方改革の実現に向けて、在宅勤務やテレワーク制度を導入する企業が増えています。「テレワークサポーター」は在宅勤務やサテライトオフィスなどの遠隔地でのテレワーカーの勤務実態を見える化します。また、顔認証により”覗き込み”や”なりすまし”を検知し、重要な情報を守ります。 テレワーカーと企業双方の負荷を軽減し、安心・安全な業務の実現を支援いたします。

こんな課題を解決!

・在宅勤務やテレワークを推進したいが、在席状況がわからなくなることに不便を感じている。
・勤務者の長時間労働につながっていないか、気になる。
・勤務者の勤務実態を見える化して、仕事量の最適化や業務改善につなげたい。
・テレワーク時の”なりすまし”や”のぞき込み”などセキュリティインシデントを防ぎたい。
・テレワーク制度の評価・検証のため、大きな投資をせずに導入したい。

テレワークサポーターの3つの特徴

1

1日の在席時間や離席時間を可視化

テレワークサポーターでは常時顔認証することで自動的に在席や離席を判断し記録します。これにより1日の在席時間や離席時間を可視化し、時間外にパソコンを利用しているサービス残業の把握も可能となります。

ポイント1
2

遠隔地でもセキュアな勤務を実施

顔認証技術でテレワーカー以外の第三者の覗き込みやなりすましを検知し、その瞬間のウェブカメラ画像とパソコンのスクリーンショットを取得します。同時に、パソコン画面を自動でブラックアウトする機能も備え、情報流出を最小限におさえます。

ポイント2
3

業務内容を可視化して生産性を可視化

ワンクリックで業務内容の登録が可能です。これにより、業務の棚卸や生産的・非生産的活動の配分等、個人の活動量を可視化します。

ポイント3

テレワークサポーターの主な機能

機能1
在席・離席状況をサイト上にリアルタイムに公開
顔認証により取得した在席や離席のプレゼンス状況を、サイト上にリアルタイムに公開。メンバー間・管理者から気兼ねなく連絡が可能に。
機能2
テレワーカー側の機能
・勤務予定入力 ・勤務内容(タスク)入力 ・異常時ブラインド ・勤務時間訂正
機能3
勤務管理者側の機能
・インシデントの検出と通報 ・テレワーカーモニタリングレベル設定 ・テレワーカー画像承認 ・勤務実績のCSV出力 ・勤務実績の分析

テレワークサポーター詳細

対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 クラウド
参考価格 120,000円 ~
参考価格補足 初期費用(1システム当たり):20,000円(税別) 5ユーザー年間ライセンス使用料 120,000円(税別)
※最小5ライセンスからの販売となります。
※参考価格は税別となります。

play_arrowログ管理 大規模向けの製品一覧

0件リストに入っています