「働き方改革×IT」にまつわるさまざまな“素朴な疑問”に、サイボウズ社長室フェロー・野水さんに回答してもらう本企画。今回は、中小・ベンチャー企業で「働き方改革」が進まない問題について。創業当時からガムシャラに働き、必死に事業を軌道に乗せてきた経営者たち。従業員に対しても、その「ガンバリズム」を求めていることが、長時間労働が是正されない原因のひとつなのではないでしょうか? サイボウズに入社する前、父親の建設会社を継ぐカタチで5年間、地方の零細建設会社の経営者として奮闘してきた過去をもつ野水さん、ガンバリズムは悪ですか?

サイボウズ 社長室 フェロー 野水 克也さん
(所属・役職は取材当時)

↓↓シリーズ最初の記事はコチラ↓↓
ITの進歩でホントに働き方は変わったの?【教えて、ご意見番!vol.1】

そもそも他の働き方、知らないんですよね

──中小・ベンチャー企業の経営者って、寝食も忘れてメチャクチャ働いてきた人が多いと思うんですよ。野水さんも建設会社の社長だった当時、そんな感じでしたか。

そうですね。ただ、僕の体験談を話す前に、整理しておきたいことがあります。「中小・ベンチャー企業」っていうふうに、中小企業とベンチャー企業を一緒くたにするはどうかな、と。ベンチャー企業っていうのは「こういう理想を成し遂げる事業がしたい」という意識で集まった人たちが運営している。一方、中小企業は「とりあえず食べていければいい」という意識で事業を行っている人も多い。2つは分けて考える必要があると思います。

まぁ、世の中のほとんどは後者。中小企業です。たとえば、なにか画期的なビジネスをFC展開しているという場合。本部はベンチャーでしょう。でも数多くのFC店は理想を追っているわけではないので、中小企業ですよね。

──なるほど。野水さんが経営者だった建設会社も中小企業ですね。その当時の働き方で問題点はなんでしたか。

なにかって…。素人のボンボン二世経営者ですから問題だらけでしたよ(笑)。でも、経営者だった当時は「働き方に問題がある」という意識さえなかったんです。なぜなら、他の働き方を知らないから。仕事のやり方といえば、おやじの仕事のやり方の見よう見まねでやる方法しかない。それは昭和の経営で、ガンバリズムというより、バタバタしているだけでした。

だってマネジメント手法も知らない、人事評価っていわれても年功序列以外、考えたこともない。そもそもいまのやり方以外、知らない。そこがまず問題だと思います。

──でも、異業種交流会とか、いろんな機会がありますよね。

地方ではダメ。東京なら、いろんなセミナーがありますし、異業種交流会で大企業の最先端の考え方に触れる機会もあるでしょう。でも地方では異業種交流会に行っても二世三世しか出てこない。異業種交流会だけど、同級生に出会って「お、ひさしぶりだな」みたいな。名刺交換する意味もない。当時はネットもほとんどなかったですしね。

社長の息子が次期社長になるための修業として、別の会社に入るパターンでも、そういう仲間うちの会社に入るから、意味がないんです。親父の会社と同じような昭和の経営を学んで、それじゃなにも変わらない。「ポップのつくり方が親父よりちょっとうまいね」とか、そういうレベルなわけで(笑)。

中小企業が多いこと自体が日本のリスク

──野水さん自身、経営者時代はそうだったと。

はい。たとえば、いま僕は経営者向けのセミナーで、よく「朝9時にみんながオフィスにいっせいに来ることに、本当に意味があるのか」を聞くんです。でも、もし建設会社の社長をしていた当時の僕がこの話を聞いたら、「なに言ってるんだコイツ? 時間通りに来るから規律を守れるんじゃないか」って思ったんじゃないかな。

「女性社員がお茶をいれるのではなく、社長がいれましょう!」って言われても、「女性がいれてくれた方がおいしいんだ!」と思う地方の中小企業の社長がまだまだいるかもしれません。その人にとっては、いきなり最先端の働き方を持ちだされても、なかなか理解できないとは思います。

──ガンバリズム以前に、働き方の多様性を知らないことがネックになっている。それが中小企業のリスクであるということですね。

というか、ベンチャーではない中小企業が多いこと自体が日本という国のリスクの一つなんです。よく「中小企業は日本のチカラ」って言うじゃないですか。でも、それも「中小企業」と「ベンチャー企業」を混同した言い方だと思うんです。ベンチャー企業がたくさんいるんだったら、それはチカラだと言えます。けれど中小企業がいっぱいあるのは、リスクです。その中には現状維持こそが目的になってて、革新の芽はほとんどないところも多いです。それを日本の可能性みたいに語ってしまうのは、「ちょっと違うな」と思いますね。

地方の実情を考えてみてください。公共事業を担っているゼネコンがいて、商店はみんな系列店とかFC店、大手自動車会社のディーラー…。純粋に自分自身が開発したビジネスモデルで食えている会社ってどれくらいありますか。ごくわずかでしょう。もちろんそういう事業は重要で必要なものなんですが、それだけになると全国どこも同じ町並みになって、結局衰退していきます。

「このままじゃつぶれる」危機感と迫りくる人手不足の波

──なるほど。では、地方の中小企業に「働き方改革」を浸透させるのは不可能なのでしょうか。

それは困ります(笑)。変われるとしたら、「このままじゃつぶれてしまう」という危機感が出てきたときですね。さすがに、なにもしなければつぶれてしまう状況になれば、経営者が「まずいぞ、オレも変わらないと」と思いはじめる。その前に気づいてほしいんですけど。

最初の波はもう目の前に来ています。人手不足という波です。これで最初の淘汰が来ます。おととし、北海道で従業員300人くらいのホテルの社長さんとお話ししたことがあります。「北海道でこれだけの規模のホテルなら新卒採用も苦しくないですね」と言ったら、「とんでもない。去年は大卒がひとりもとれませんでした」と。中小企業の人材難はかなり切迫してきたなと感じました。

好きでやっているのなら寝食忘れて働くのもいい

──人手不足倒産を回避するために、地方の中小企業が働き方改革を推進する可能性が考えられるわけですね。では、ベンチャー企業の働き方改革に話を移したいと思います。ベンチャー企業といえばAppleの創業伝説のように、メンバー全員が情熱をかけて働いて連日徹夜は当たり前というイメージがあります。一律に「働き方改革」と言われても、「ちょっと困る」という企業もあるかと思うのですが…。

創業したときって、「メンバー全員が役員」というパターンが多いと思います。立ち上げのときは、寝食忘れて働くのは当たり前。役員は法律上の労働時間の制約はないから、それでいいでしょう。問題になるのは、会社での地位は社員なのに、立ち上げなので猛烈に働かされているケース。新しい価値を世の中に生み出そうと、本人が好きで猛烈に働いているならば、ブラックではないと思います。法律はちゃんと守るべきですが。

たとえば、サイボウズのメンバーで、青年海外協力隊に応募してアフリカに行った女性がいます。サイボウズでは、いったん会社を辞めても35歳未満だったら6年以内なら戻ってこられる育自分休暇制度があるのですが、この制度を利用して、アフリカのボツワナの村で3年間、ひとりで暮らしたそうです。なにをやったかというと、現地の女性たちと協力して地域の特産品を製造して販売する仕組みを立ち上げたんです。

これって労働としては超絶ブラックじゃないですか。もし、これが企業命令で「アフリカの真ん中に行って、村人と寝食をともにして3年間で販売ルートを開拓してこい!」だったら、とんでもないブラックミッションです。僕なら絶対、断ります。でも自分の意志で、自分の好きなことをやっている限り、それはブラックではない。好きなことをやっている間は止めちゃいけないんです。

──うーん、確かにそうですが、ホントに好きでやっているケースもあれば、「上司に言われてイヤイヤ残業しているのだけど、好きでやっているように演技をしている」ケースもありそうです。「好きでやっているなら残業代は出さない」となると、後者のケースが増えそうです。

見分けは難しいですね。いま、はやりの忖度がありますからね(笑)。当たり前の話ですが、まずはサービス残業を絶対に認めないというところからでしょう。6時を過ぎたら自動的に残業発生にしないと。会社の電気消してしまえばいいんですよ。再点灯するにはワークフロー書いて証拠を全部残す。

報酬はアウトプットだけで考える

──残業ありきという考え方自体をなくしてしまう、ということでしょうか?

そう。それで仕事が終わらなくても、時間管理されている社員は終業時刻ぴったりに帰る。残った仕事は、労働時間の制限のない、役員などが総出でやればいいでしょう。一方、時間管理されない業務のあり方を追求する社員がいていいはず。その場合は、報酬はスキルやアウトプットに合わせて変えるべき。「給料を上げたい」と思ったら、家でもどこでも働いてアウトプットを高める。その結果として年棒が上がるというのは、アリですよね。

──なるほど。そういうガンバリズムなら、アリかもしれませんね。野水さん自身は、「アウトプットを増やそう」とガムシャラに働いた経験はありますか。

はい、あります。34歳でサイボウズに入ったときですね。そこそこキーボードは打てるつもりだったのだけど、横を見たら、猛烈な勢いで話すよりも速くキーボードを打っているヤツがズラーっといたわけです。IT系企業だから当たり前なんですが、それまで知らなかった世界ですから。「とんでもないとこにきちゃったぞ」みたいな。「お昼ご飯に行きませんか」とか隣からメールでくるんです。しゃべれよって思うんだけど、隣の同僚からしたら、しゃべるよりメール打つほうが速いんでしょうね(笑)。

それで、あせりましたね。家に帰ってから、その日聞いたわからない横文字を検索したり、キーボードを速く打てるように練習したり、IT知識の本とか、外資系のマネジメントの本とかを買ってきて、とりあえず話についていけるように勉強したりしました。異業種転職だったら、みんなそんなもんだと思います。

──そのガンバリズムの結果、いまの野水さんがあるわけですね。中小企業の「ほかの働き方を知らない」がゆえの根性論は消えてゆくのみですが、ベンチャー企業ならではの「好きな仕事」であるがゆえのガンバリズムは、うまく法律との整合性をはかったうえで、奨励できるようになればいいですね!
次回は、さまざまな働き方が増えるなかで、会社の一体感をどう担保すればいいのか、についてぜひ教えてください!

↓↓次の記事はコチラ↓↓
多様な働き方を認めたら、会社の一体感がなくなる?【教えて、ご意見番!vol.3】

↓↓その他の記事はコチラ↓↓
ITの進歩でホントに働き方は変わったの?【教えて、ご意見番!vol.1】
多様な働き方を認めたら、マネジメントが大変では?【教えて、ご意見番!vol.4】
ITをフル活用した“理想の職場”って、どんな感じ?【教えて、ご意見番!vol.5】

気になる製品は無料でまとめて資料請求もできます。

おすすめ記事もチェック!