RPAツール

RPAは、事務などで人が行う典型的なパソコン操作をソフトウェアロボットに代行させる仕組み。京都中央信金は、NECと組んで同社のRPAソリューションを導入。ソフトウェアロボットの画像認識機能を使って、これまで人手で行っていた債券運用などに関連する市場のリスク管理の資料日報作成業務自動化した。

京都中央信金では、働き方改革の取り組みとして本部業務のデータ収集や加工・集計などでの作業時間の削減や品質改善のため、RPAやAI(人工知能)を活用したワークスタイル変革の検証を行っており、今回の実験はその一環。実験を通じて職員の生産性向上や人為的なミス防止支援の有効性を確かめる。

今後は、実験の結果を踏まえて事務作業だけではなく、効果が見込める作業にRPAの導入を進め本部で行っている業務の見直しをしていきたい考え。同時に人材の有効活用と再配置も進めいてくとしている。

編集部のココがポイント!

RPAはAIと並び注目されている最新のIT技術です。RPAを使うと、これまでIT化が難しかった収益を生まなかったり、収益性の低い業務などの削減や見直しができることがメリットです。また、RPA導入した業務を行っていた人員を再配置し、利益を生み出す付加価値の高い業務に取り組んでもらうことも可能になります。

生産性向上と業務の効率化を図りたい企業であれば検討したい領域といえるでしょう。現状RPAは大手企業からの注目度が高く、中でも金融・保険業などホワイトカラーの人員を多く抱える業種での事例が目立ってきました。ただし、業界・規模を問わず変革できる部分は多いといえるでしょう。RPAツールはベンダーだけでなく、同様の機能を提供できる他サービスのベンダーも訴求を始めています。 典型的な作業などの業務を見直し、効率化されたい方は一度検討されてみてはいかがでしょうか。

関連する記事