「働き方改革」の切り札としてRPAに注目が集まっています。この分野において日本では草分け的な存在であるRPAテクノロジーズ。ホワイトカラーの業務をロボットに任せられる『BizRobo!』は、誕生から10年を経て、国内400社以上の現場に導入されています。同社代表の大角さんに、いまのRPAの空前の盛り上がりについて聞いてみました! さぞニッコリ…、と思いきや、「いま、RPAは市場において幻滅期に突入しています」と驚きのコメント。その発言の真意を聞いてみると──。

RPAテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 大角 暢之さん
(所属・役職は取材当時)

RPAはいま市場で“幻滅期”を迎えた

──ロボットが人間の業務を代替するテクノロジーが日進月歩で進化し、いまRPAが空前のブームを迎えていますね。

いいえ。現在、RPAは市場で“幻滅期”に突入していますよ。

──げ、幻滅…!? いったい、どういうことでしょう…?

導入企業の多くが、RPAについての認識を誤り、間違った期待をしてしまった。だからいま、「期待外れだった」と感じる企業が増えているのです。

あなたは、さっき「ロボットのテクノロジーが進化して」とおっしゃいましたね。あらゆる企業の経営陣も同じように認識しています。「テクノロジーのイノベーションが起きて、その結果、RPAという新テクノロジーが生まれた。それを導入すると業務の生産性が向上する」。そのように認識しているのです。その期待がいま、幻滅に変わってきています。「こんなに大規模なIT投資をしたのに、それほど生産性が上がっていないな」と。

──「RPAという新テクノロジーを導入すると、業務の生産性が向上する」。この認識のどこが間違いなのでしょうか。

まず、RPAには新しいテクノロジーはありません。RPAに盛り込まれているテクノロジーは、エクセルのマクロに近いレベル。AI等に比べると非常に簡単なモノです。だからこそ誰でも使え、ハードルが低い。これがメリットです。大規模な情報システムを構築する必要はなく、専門的なオペレーションも不要。簡単に導入することができるはずです。

そして、RPA導入の主目的を業務の生産性向上に置くのも間違いでしょう。人間がやってきたルーティンワークをロボットが代行・再現することで、仕事が迅速・正確・精密になる。その結果、「サービスの品質が劇的に上がる」ことが一番大きな効能です。コスト削減や生産性向上ではありません。

RPAの本質は365日24時間働くデジタルレイバー

──なるほど。本来「簡単に導入できて、サービスの品質を劇的に向上させる」ものであるはずが、「大規模なITシステムを構築して、業務の生産性を向上させる」というプロジェクトになってしまっているわけですね。それでみなさん、期待外れだと感じている、と。

そういうことです。RPAの本質はデジタルレイバーです。その認識をまず、みなさんに持っていただきたいですね。

──「デジタルな労働者」である、と。

RPA(Robotic Process Automation)というワードは2016年に日本に到来しました。私たちはそれ以前から人間のルーティンワークを代わって作業するロボットを手がけており、それを「デジタルレイバー」と呼んできました。

人間というアナログなレイバーの代わりに、デジタルレイバーを雇う。高速で正確に業務をこなすことができ、365日24時間勤務。しかも、文句を言わずに辞めない労働者です。こうしたイメージを描いてもらえれば、「そのような労働者を雇えれば、サービスの質が劇的に向上する」と理解しやすいでしょう。

──確かに。では、成功事例を教えてください。

あるECサイトでは、注文受付にロボットを使っています。人間が注文を受け付けていたときは、夜中に注文メールが来ても、翌朝以降に対応していました。しかし、夜中でも稼働するロボットによって、24時間注文可能になりました。その結果、「いますぐ欲しい」というお客さまが他のサイトに行ってしまう機会損失を防ぎ、受注を大幅に伸ばしています。

また、あるアパレル会社の事例です。日常的に商品ごとに回転率をチェックして、売れそうにない商品を発見しています。いわゆる“死筋”です。この死筋商品を在庫から削除して、アパレル商品などを取引する会員制サイトに商品を登録。SNSにその商品の告知をアップして、どんどん捌いていく。この一連の作業をすべてロボットが行うことで、死筋商品の在庫処分を高速化し、利益率の大幅な改善に繋げています。

これは商品を処分する側の事例ですが、処分される商品を探す側でロボットを活用している事例もあります。中古車の輸出会社です。国内でそれほど人気はないが、アジアの他の国では大変人気の車種があります。こうした車種の売り案件がないか、ロボットが365日24時間、全国のさまざまな流通網をチェックして、見つけしだい買い注文を入れています。これにより、大幅に売上をアップさせています。

1台のロボットを各社でシェアする

──なるほど、超優秀でタフな労働者を雇ったおかげで、「業務を効率化できた」という次元ではない、大きな成果を上げていらっしゃいますね。では、「RPAは本質的には、働き方改革のためのツールではない」ということでしょうか。

いいえ。むしろ、働き方改革を強力に推進するツールになりえます。そのカギとなるポイントが「デジタルレイバーのシェアリング」です。現在、多くの企業が「業務効率化」を主目的に大きなIT投資をしてRPAを導入し、期待された成果を上げていない。そのため幻滅期を迎えてしまっています。しかし、「デジタルレイバーのシェアリング」という概念が浸透していけば、幻滅期を乗り越えて、拡大普及するフェーズに入っていくでしょう。すでに地方では、先駆的な動きが出てきています。

──「デジタルレイバーのシェアリング」について詳しく教えてください。

たとえば長崎の土木業界では、見積書の作成ができるロボットを各社でシェアしようという動きがあります。公共工事の入札が行われるたびに、各社が膨大な手間をかけて見積もりを作成しますが、最終的に受注するのは1社だけです。見積書の様式はほとんど一緒のため、1台のロボットに見積書作成方法を覚えさせて、各社がクラウド上で共有し、見積書作成時に各社がロボットに依頼するというフローにできれば、巨大な「働き方改革」が実現できます。

──すごい構想ですね!

ええ。しかし、長崎だけではもったいないですよね。全国的に見積書の書式は似たり寄ったりのため、たとえば北海道の土木会社がそのロボットをシェアしてもいいはずです。これがデジタルレイバーのいいところで、人間と異なり「転勤」を嫌がらない。どこの地域の仕事でも、文句を言わずに引き受けてくれます。

たとえば人事部の働き方改革に「デジタルレイバーのシェアリング」を適用することも考えられます。人事の業務にはルーティンワークがたくさんあります。それをこなせるロボットを1台つくれば、日本全国、すべての会社がそのロボットを共有し、仕事を依頼すれば事足ります。人事のスタッフのみなさんはルーティンワークから解放され、より頭を使う仕事に時間を割くことができます。

文房具くらい当たり前の存在に

──「デジタルレイバーのシェアリング」が実現した先の未来は、どんなイメージでしょうか。

ボールペンやカッターのような文房具、それにエクセル、ワードのようなPCソフトと同じレベルで、デジタルレイバーが日常的なツールになっているでしょう。新入社員が研修で最初に学ぶカリキュラムが「デジタルレイバーの使い方」になっているかもしれない。人間とITの間に「デジタルレイバー」が存在しているというイメージです。

実は、これはブルーカラーの現場におけるFA(Factory Automation)の概念を、ホワイトカラーの現場に適用したとも言えます。昔は、工場の中に人間と機械しかなく、機械のお守りを人間にさせていた。機械の作業はまさに機械的なので、人間にとっては単調で退屈です。そこへFAという存在を持ち込んだことで、人間は機械のお守りから解放されました。

──なるほど。大角さんはホワイトカラーの現場にデジタルレイバーという、工場におけるFAに相当する存在を持ち込んで、人間を苦痛な仕事から解放しようとしているんですね。

その通りです。今のホワイトカラー現場には人間とITの2層しかない。だとすると、その間に立つ層を持ち込むのは、きわめて健全な発想でしょう。それによって、ホワイトカラーの仕事から「労働」をなくしたいと思っています。仕事から労働をなくしたときに何が残るかといえば、「表現」や「自己実現」です。仕事は苦役ではなくなり、「やりたいからやっている」ものになります。これは「働き方改革」などとは別次元の巨大な変革と言えます。

──えっと、ウチはITの活用を促進することで、働き方改革の推進を応援するメディアなんですが…(笑)。

失礼(笑)。しかし、「働き方改革」は「働くのは苦痛なことだから、その苦痛を少しでも減らそう。残業を減らそう」というイメージで語られがちです。非常に見識が狭いと思います。重要なのは、仕事を苦痛なものから楽しいものへと変えることです。

アイデアがひらめいたらデジタルレイバーに任せてみる

──そのためのロボット活用というわけですね。ただ、世の中には「ロボットに仕事をとられてしまい、人間はみんな失業する」という悲観論もあります。

いやいや、それは大間違いです。そもそも人間が「こんな仕事は苦痛だ」と言っているものだけをロボットに任せるわけですから、仕事を取られる訳ではありません。苦痛を取り除いてくれるんです。それによって人間のエネルギーを解放することができる。それが本当のゴールです。

そして、デジタルレイバーは「人間がやりたくないこと」をやってくれるだけではなく、「人間がやりたいけれどやれないこと」もやってくれます。例えば、「新商品のアイデアがひらめいた。しかし、プロトタイプを完成させるまでに手間ひまがかかることが予想される。だから商品化をあきらめる」。いまは、そのようなことが様々な場面で起きています。しかし、デジタルレイバーに任せれば、すぐにプロトタイプを完成させてくれます。そして、人間のアイデアがどんどん実現されていく。これも人間のエネルギーが解放された、ひとつのあり方と言えます。

──すばらしい未来像ですね! ロボットが人間の仕事を奪うのではなく、人間の苦痛を取り除いてくれるというお話は、世界がパッと明るくなった気がしました。いまは“幻滅期”かもしれませんが、それを乗り越えて、RPAが普及していけば、仕事のあり方そのものが大きく変わりそうです。大角さん、本日はありがとうございました!

気になる製品は無料でまとめて資料請求もできます。

おすすめ記事もチェック!